カテゴリ:食( 44 )

ココナッツチキンカレーの作り方

先日はココナッツチキンカレーにたくさんのコメントありがとうございました!
ご要望にお答え?してここにレシピ大公開です。
はい、調子にのってます。



用意するもの:

<マスト>
鶏肉 (モモでもムネでも手羽でもアシでもどこでもよし。
まるごとならなおよし。ボンジリもいいよね~) 
たまねぎ
にんにく
しょうが
スパイス類 (下のリスト参照)
ココナッツミルク缶 (以前、フレークで代用しようとしたけどムリでした.. でも最近は入手しやすく、よく100円くらいで売ってるので嬉しいです。)

<半マスト>
とうがらし (鷹の爪でもなんでもよし。乾燥、生、問いません。唐辛子の種類によって味が変わるのでいろいろ試してみても楽しいかも。My favは辛南蛮のまだ青いやつ。青臭い辛味がたまらん。手に入りやすいのは乾燥した赤南蛮だよね。もしムリなら一味でもいいけど風味はあんまり期待できないかも。)

<オプション>
ピーマン
じゃが芋
その他お好みの野菜なんでも。

<スパイス類>
*一から全て揃えるのは大変だけど、一揃いあるとけっこう便利。
関係ないけど、自家製チャイも自分ブレンドですぐ作れちゃうよ!
コリアンダー 
クミン
シナモン
カルダモン
クローブ
缶のカレー粉 (肉を漬け込む時のみ使用。なくてもよし。)


作り方:

1. 前の晩か、調理の数時間前に肉をつけこんでおく。塩胡椒&カレー粉少々。私の場合、アイラップに全部つっこんで揉む。空気抜いて口しばって冷蔵庫へ。

2. たまねぎはスライスして弱火でとろとろ炒める。途中からみじん切りにしたにんにく、しょうが、とうがらしを足して更に炒める。きつね色にするのがまあ、王道。

3. スパイスを適当にまぜて2.に足す。分量はほんとに適当。最初は等分ずつくらいでいくといいかも。慣れてきたらお好みの味を強めにしたり、と調整。ただ、鍋に入れる前によく混ぜてね。

4. 別フライパンで肉の表面を焦がしつけるように(ホントに焦がしちゃだめ)強火で炙る。ここでは中に火が通らなくても平気。後で煮込むから。 表面をかりかりに焼くことで肉の旨みを閉じ込める働きがあるんだって。

5. 4.を3.に足す。

6. 水をひたひたより心持ち少なめにいれてみる(後で液体のココナッツミルクが入ることを考えて、水は入れすぎない)。煮込む。このとき、味見しながら塩をたしていく。

7. 20~30分煮込めば大体OK。長煮込みが好きな方はがんがん煮込んでください。

8. 火をとめて、ココナッツミルク投入。一煮立ちさせてできあがり。



おまけ:
りんごときゅうりとレタスのサラダをプレートにいっしょに盛ってもよし。
カレーとごはんとサラダを一口にほおばると得もいわれぬ感覚が。

りんご、きゅうりはごろ切り。レタスは手千切り。
マヨとヨーグルトは半々でまぜ、胡椒をばりばりかける。塩はなし。
最後に全部和えて盛り付け。


うわ、自分が食べたくなってきた。
[PR]
by dignen | 2005-06-15 11:48 |

もみじがさ

c0057781_11471820.jpg「しどけ」、「しどけ菜」といわれる山菜の一種。茎がすっとのびていてもみじのような形の葉っぱがかぶさる様子から、別名「もみじがさ」とも呼ばれるそうです。

軽く湯通しして、あとは塩でもよしマヨでもよしみそでもよし。
[PR]
by dignen | 2005-06-14 11:46 |

ココナッツチキンカレー

c0057781_14543742.jpgc0057781_14565447.jpg







c0057781_14571015.jpg 




久々にココナッツチキンカレーを作りました。TかちゃんとTもちゃん宅にお呼ばれしたので手みやげがわりです。S&BのまわしものかってなくらいS&Bのスパイスを使って仕上げました。スパイス比率はてきとう。

これ、スリランカ人のウッデーニさんに前に作り方を教えてもらったんだけど、そのときは彼女のママ特製のスパイスミックスがあっておいしかったな。スリランカでは各家庭でそれぞれ自家製ミックスがあってみんな味違うんだって。天然取れたて乾燥したてスパイスですよ。庭に胡椒の木があるって言ってたし。やっぱり「スーパー直送瓶詰め粉スパイス比率適当」は足元にも及びませんでした。

(おまけ)ウッデーニの作ったカレーは、その日のうちにごはんで食べて、翌日インスタントヌードルをゆでてお湯切りしたものにぶっかけレモン絞って食べるのもかなりいけました。そんなでもおいしいってすごい...
[PR]
by dignen | 2005-06-10 15:09 |

ディープサウス fried chicken篇

波音さんからフライドチキンのコメントあったので。
つい食指がもぞもぞ。
大好きなフライドチキンのご紹介いたしま~す!

これ、南部の代表的な食べ物でもあります。南部の嫁はこれがうまくできないとだめってなんまで言われているみたい。漬け込みから揚げまで各家庭の秘訣があるらしく、み~んな口をそろえて、「うちのマムのチキンが世界一さ!」と胸を張って言います。

チキンは一般的に、ホワイト・ミート(むねと手羽)とダーク・ミート(ももとドラムスティック)に分かれてて、みんなそれぞれ自分の好みがあるみたで、チキンはホワイトとダークどっちが好き? ってな会話よくしました私は断然ダーク派です。やっぱジューシーももよね! (手羽も捨てがたいけど。) 周りを見渡すと、アジア系やアフリカ系はダーク好きが多いみたい。みなさんは? 

家庭料理としてのフライドチキンもいいけれど、やっぱり相当の手間がかかります。一羽まるごとスーパーとかで売ってるの買ってきて、部位にさばいて、漬け込んで、衣つけて揚げる。そんな工程まさかいちいちできるわけないので、大抵は外に食べに行っちゃうのが私らの日常でした。

c0057781_8544577.jpgフライドチキンといえば、日本で最も有名かつ大手はKFC ~ Kentucky Fried Chicken。アメリカでは、よくバッフェで食べ放題4ドル98セントとかやってました。チキンも、ジューシーとクリスプの2種類の揚げがあって、サイドメニューのマッシュポテトやコールスローサラダも食べ放題。店舗の場所も大抵わりとメジャーな大通り沿いなどに位置してます。

c0057781_915560.gifこれ。チャーチーズ。いつもダウンタウンのはじっこ、というか、一般の人たちは決して訪れないような場所に建っています。その辺に住んでるひとだけ限定って感じ。KFCよりか、なんか「あ、見つけた!私だけの場所!」って感じが好きでたまに行ってました。チャリだと20分くらいかかるから行きたくてもなかなか行けないところにあったんだな。ハティスバーグだと、ダウンタウンとゲットーのあいだ辺。ももチキンとスウィートティー、マッシュポテトのグレービーがけが定番のメニューでした。
あー腹すいてきた~

c0057781_9305341.jpgc0057781_931997.jpgこれ、ポパイ。こっちはチャーチーズよりもちょこっとメジャー。ちらっとウェブサイト見たところによると、創業は72年にニューオーリンズで、らしい。ほう。同い年。ここもかなりおいしいです。チキンをピースごと売ってくれて、おやつがわりにも最適でした。ここ、12セントくらいだと思ったけど、ハラペーニョのピクルスをひとつずつ買えます。しっぽのあたりをちょっと齧って穴をあけると、なかには青辛酸っぱい汁がはいってて、これをチキンに万遍なくかけてからいただきます。ひょえうま!検索したところによると、日本では6箇所の店舗があるみたい。厚木、沖縄、横須賀、佐世保、横田、三沢ね。全部基地のあるまちじゃ~ん。がっかり。
[PR]
by dignen | 2005-05-31 09:40 |

みいちゃんのシューマイ

金曜の夜はシューマイ教室@西田でした。
みいちゃんの作るシューマイは天下一品。
どの店で食べるよりもぷりんぷりんで至福感満点。
そこで、技を伝授していただきました。

ヤマザワ下条店で売ってるシューマイの皮30枚使用。
こぴあの皮じゃダメなんだって。みなさん、ヤマザワです。
それから豚挽の切れていたヤマザワをあとにして
自然屋長兵衛のお向かいのこぴあにて豚挽380円パック購入。
西田の冷蔵庫よりたまねぎ・しょうが・片栗粉を拝借して切る練る。
あ、安かに缶もいれました。分量は秘密。

指をokっていうときのかたちにして
皮を1枚のせる。練ったネタのせて包んで蒸してできあがり。
からし酢醤油でほかほかをぱくっとした時の充実感たらありませんでした。
[PR]
by dignen | 2005-05-29 21:32 |

ディープサウス

金曜に山形で開催されたPronunciation Workshop(「発音研修」ってことだったけど、講師さんたちの交流会って言ってもいいほど和気あいあいと楽しい会でした!)に参加してきました。

インストラクターは、日本に来て1ヶ月半というアメリカはテネシー州ナッシュビル出身のスミス氏。ナッシュビルといえば、私が暮らしてたハティスバーグのご近所(といっても車で5時間くらいかな?)。休み時間にはすっかり盛り上がって南部ネタに! そこでちょこっとディープサウスのすぐれものご紹介。いや、あんまり懐かしくてさ~。ちなみに日本で南部人に会うことはあんまりありません。圧倒的に少数派です。

catfish & hot sauce
 なまず。白身のお魚。泥臭くて食えないって人もいるけどあの臭みがたまらんて!フライにしてホットソースをばりばりかけていただきます。それだけなんだけど、いや、これがあの暑さと湿気とビールによく合うのだ!ホットソースって唐辛子(cayenne pepper: 日本の鷹の爪ととっても似ている唐辛子です)と酢から作るタバスコでおなじみのあれ。日本ではタバスコくらいしか見かけないけど、南部に行くとかなりの種類のソースがあります。とんかつソースにブルドッグやらおたふくやらあるのとおんなじ。その中でも私は「ルイジアナ」(1ボトル20セントくらいで入手可能!なんてお買い得!そして美味!)の大ファンですが、ナッシュビルのスミス兄ちゃんは「テキサス・ヒート」がお好みらしい。南部名物スウィート・ティー(紅茶を冷やして甘~くした飲み物。メジャーです。ディープサウスの90%の老若男女が毎日飲んでいることでしょう)とも、よく合います。

diner
 ダイナーと呼ばれる場末の食堂たち。昔、ケンタッキーからミシシッピに帰る途中に寄ったナッシュビルでとあるdinerに入りました。ちょっと脂ぎったオレンジ色のカウンターの向こうには巨大な長鉄板がびしっとあり、こっちのコーナーではミートパティ、あっちのコーナーではポークチョップ、と1枚の鉄板の上で自由自在に各種の肉が焼かれてます。それぞれの旨汁があわさってあんな微妙なおいしさになると思うんだけど、それがでっかいバンやトーストにのっかってでてきます。はっきりいってぎとぎとですが食べ甲斐のあるお食事です。でも、こういったダイナーにはあまり外国人は来ないものなのか、野球帽をかぶったタンクトップの白人のおじさんたちにじろじろ見られ少々怖くなったことも覚えてます。まだwhiteとnon-whiteの区別がはっきりつけられている土地柄なだけに、敵意を感じてしまったのは気のせいではなかったはず。それでも堪能したサンドウィッチは忘れがたい思い出です。

ナッシュビルはいわゆるカントリーミュージックの本場。当時はおじさんたちの音楽だと偏見をもっていた私ですが、今思い出すと、どのチャンネルをまわしてもカントリーしか聞こえてこなかったカーラジオが懐かしいです。
[PR]
by dignen | 2005-05-29 20:52 |

アスパラガスの豚バラ巻き

こないだはなまるマーケットで見ました、アスパラガス特集。
茹でると風味がとんじゃうってやつ。
かわりに焼くと美味しいよってんで、さっそくやってみました。、

ちょうどお隣のおばあちゃんにとれたてのアスパラガスをごそっと一束いただいたのでね。
おおタイムリー! これ、お隣の庭でとれたやつ。もいですぐ持ってきてくれたみたい。すぐさまお昼のおかずにすることにしました。

c0057781_9122080.jpg下の方2-3cmは切り落とす。さらに2-3cmほどはピーラーで皮をむいてバラ肉をくるくる巻きます。あとは熱したフライパンでこんがり焼くだけ。塩は無印でいつか入手したイスラエルの死海の塩ってやつを使ってみました。下茹でしないでしっかり調理されるかどうか心配だったけどそんなのは無用だった! ほどよくカリカリしておいし~! うん、茹でてあるのよりもおいしいかも。実にいい体験でした。はなまるバンザイ!

ちなみに付け合せは茹で新じゃが。粕酢ドレッシングとマヨでふあ~んと幸せ。
しかし、うちの庭のアスパラガスはまだこんな細っこいのしかでてません。
ぶっといのがでてくるのが楽しみだすな。
c0057781_916672.jpgc0057781_9252650.jpg
[PR]
by dignen | 2005-05-26 09:19 |

ベニエ

c0057781_11481696.gif私的空港食べ物ランキング第2位は、ニューオーリンズ空港のベニエ。正しくは、ニューオーリンズ空港に入ってるCafe du MondeのBeignetですがな。おフランス語で、なかなか最初は読めませんでしたが、ベニエェと語尾を上げる。ベニェェと聞こえることも。

大雑把にいえば、四角いドーナツに粉砂糖をかけたもの。中は空洞。ニューオーリンズはフレンチクォーターの本家Cafe du Mondeでひとつ、いくらだっかっけかなぁ、70セントか80セントくらいで買える。100円弱ってところか。それにカフェオレつけてほっと一息。そこの支店が空港にあるんだけれども、ここがまた旅立ちと別れのエッセンスが入ってくるからか、はたまた帰ってきたぜディープサウス的感慨を与えてくれるからなのか、旨い。もしかしたら本店よりいけるかも。

これ、よくスーパーでベニエの粉なるものが売られているんですが、なかなかどうして。自分で揚げるとあんまりおいしくないんだよねえ。
[PR]
by dignen | 2005-04-22 11:50 |

なかみそば

ゆうべの「豚腹中身」で思い出した。

沖縄に行ったときにぎょっとしたもの。食堂でメニューにでてくる「なかみそば」というもの。「沖縄そば」、「ソーキそば」というのと並んでいる。一体どんなもんだろう? と果敢にチャレンジ。すると、それは臓物のはいったそばだったのでした。それはそれはうま~い汁と「なかみ」とそばのハーモニー。忘れられない味ですな。

その後、市場はしごしてわかったことなんだけど、沖縄の人はきっともつのことを「なかみ」って言うのだと思う。ひらがなの場合も漢字だった場合もあった。リアル。

ちなみに、那覇空港2Fのそばやのなかみそばは、各地の空港で食べたいろんなものの中で首位つっぱしってますな。今のところ。 (2位はニューオーリンズのベニエ)。 

ゆめあ~るのみなさーん、元気ですか?
[PR]
by dignen | 2005-04-22 11:16 |

石門子

久しぶりに食べてきました。石門子ラーメン。

すっきりと透明のしょうゆラーメンにすこし縮れた細めんが特徴。おやじさんが毎朝自分で海に潜ってとってくるという牡蠣の殻を利用したスープは絶品です。

すぐ近くが浜で、下(「しも」って発音。浜に近いほうの町並を指します。厳密にいうと、西堀通・古町通・東堀通・本町通ほか等の9番町から海に向かうほうの町を総称していることば。新潟ことばなんだろうね。市内でもコアな魅力にあふれている一角です。)にむかってお散歩するにもいいコース。この日はお昼時間を外していったにも関わらず行列ができていました。繁盛してるんだ、と感慨もひとしお。ちっとも変わってないおやじさんと愛想のさっぱりないおばさん。その変わらなさに思わずくすり。ワンタンメンと冷やしの両方を堪能してきました。

所在地:新潟市東堀8番町。
行けば、店の前に路駐してる車がたくさんあるからすぐわかるはず。



石門子ってラーメン屋は、2つあって、古いほうは古町通の下にあります。
(11番だったか12番だったかな?)
古町石門子と東掘石門子って呼びわけしてると思う。

こちらもいい感じのラーメン屋。カウンターに昔コーラグラスがずらりと置いてあってノスタルジー。もちろん、これで水を汲んで飲みます。色の濃いしょうゆラーメンが売り。近所のステテコはいたおじちゃんが片手鍋もってラーメン買いにくるようなお店でした。

そこのおっちゃんに、「うちの息子も同じ名前でラーメン屋始めたんだ。行ってやってくれよ」って聞いて通うようになったのがかれこれ10年以上も前だなあ。あのときいっしょにラーメンはしごしてたEリコちんはいまやキャリアバリバリ。
う、なつかし~



メニュー:

ラーメン 普通盛り+大+特大
ワンタンメン 普通盛り+大+特大
冷やしラーメン 普通盛り+大+特大
スタミナラーメン (「スタミナ」っていうからにはキワモノかって思いきや、これがまた舌鼓。ゴマのペーストがたっぷりのった細めんラーメン。これも大好きなんだ。ああ、ぜんぶのメニュー食べたかった。限りある胃袋がうらめしい...。)


みんなもいつか機会があったら寄ってみてね。




キーワーズ:
下で有名なもの:小林幸子の生家(小林肉屋)。唐揚げの関取。石門子。
[PR]
by dignen | 2005-04-13 09:18 |


山の古民家暮らしをつらつらと。


by dignen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク集

【ストーブ☆リンク】

ストーブ屋ペレットマン
更新しました☆
うちの家業になりました。ペレットストーブの普及をしながら、小国の間伐材を使用した木質ペレットを作ってます☆めざせ、エネルギーの地産地消!


ペレットマン日記
むっちゃんのブログです。


ペレットストーブ屋BOSSの日記
by 北信州のBOSS






【田舎暮らし☆リンク】


けごや
小国在住つる細工作家さんのサイト。白炭についても詳しく載っています。


小国フォルケ
小国町大石沢にあるフリースクール。奥さんが葉花太のピアノの先生でもあります。


CONNECT小国
小国の黒沢峠で毎年開催されるCONNECTというイベントの公式ブログ。友人のメガネ屋さんが更新してます。山の美しさ、音との共鳴、最近は山歩きも。


草虫こよみ
暮らし、自然、食、縫い物、暦。


地給知足
いろんな自作発明で楽しそうに暮らしている様子がうかがえます。農的暮らしも楽しそう。





【てしごと☆リンク】



笑坐飯店
えみおわすはんてん

布や糸や染めや暮らしぶりについて。触感が伝わってくる画像に思わずうっとり。


布工房
染め、縫い、紡ぎについて


CIELO(シエロ)
大阪の染め糸屋Cieloさん


kao-handmadeのブログ
小国在住の布小物作家さん


編みむメモ
糸紡ぎ、染色、編みについての紫音さんのブログ。私から見るとセミプロのような繊細な作品しあがりにいつも憧れます。猫つながりでも♪


ODORADEKU
art yarn-spinning

羊の原毛から紡ぐart yarn。アートヤーンというものの存在にノックアウトされそうです。最高にテンションあがる糸がたくさん掲載されています。


のんびり まったり一緒にね♪
モチーフのフリー編み図公開中のイロハトネさんのブログ。オリジナルのカラフルモチーフを見るとわくわくしてきます。


お気楽 気ままな毎日
パイナップル編みのネットバッグを編んでくれたへるやさんのブログです。素敵な編み作品がたくさん掲載されています。




【その他☆リンク】


わくわくにっき
中1の姪っこユメの日記。


小国山岳ラッセルマン
小国在住の登山家さん。山登りはビギナー中のビギナーの自分ですが、プロの目から見るとこういう視点なのか、と目からウロコの興味深い内容です。でもね、もうしばらく更新してないみたい。いつかまた再開してほしいと願っているブログのひとつです。


山形庄内の海より
海中写真すてきです。身近な庄内の海の底にこんなワンダーランドがあるなんて!いつかもぐってみたいと思い続けてもう幾数年。


saitooa
10年以上も前、学生時代に作った私個人の趣味サイトです。当時育てていた植物についてばかりの内容。セントポーリアや多肉植物、サボテンについて南ミシシッピで育てていたころの記録です。その他の項目は未完成です。もうコンテンツの完成は夢のまた夢だね。ここにリンクしておかないと存在自体を忘れそうなので記します。


ブログジャンル

画像一覧