カテゴリ:ピアノのこと( 4 )

ころばの家にて

c0057781_1372343.jpg11月20日(土)

ころばの家にてピアノレッスンの日。
午前10時から。

アイタロ&マルスケは家で
二人で遊んでいる方を選んだので留守番。

アイタロも大きくなったもんだ。
2歳8カ月と2週間目。



レッスン中でも葉花太は置いてあるいろんなものに触りたくってしようがない。

グランドピアノの下にもぐって絵本箱やレゴ箱をごそごそ。
よく頭をぶつけている。

これはアフリカの木琴だそうで、木の鍵盤の下にはひょうたんが並んでいた。
木の棒に皮革のひもをぐるぐる巻きつけたものがバチ。

まりこ先生は、手首をやわらかくすると音もやわらかくなるよ、と言っているところ。



c0057781_1375082.jpgc0057781_1375985.jpg









c0057781_1381434.jpgc0057781_1382510.jpg









前回のレッスンでは薪ストーブの上に座っていた人形が移動していた。
火を入れる季節になってきたんだ。

同じ豪雪地帯に住んでいて、
こんなにも光が入る住宅もあるのだと思うとちょっと羨ましい。
うちは100年前に建てられたカヤぶきの家だから冬は真っ暗の穴蔵状態になってしまうのだ。
ま、それはそれ。これはこれ。






今の葉花太はドーナツのうたを両手で弾けるようになってご満悦。
家でもキティちゃんのグランドピアノで毎日弾いて聴かせてくれている。
[PR]
by dignen | 2010-11-22 13:24 | ピアノのこと

ピアノ・レッスン

c0057781_05225.jpgハカタの5歳の誕生日を目前に控え、
本日、初めてのピアノ・レッスンに出かけてきました。

先生はまりこ先生です。
30分のレッスン、途中で飽きることもなく
たのしく音を聴いて動いたり、リズム練習も歌もがんばりました。

まりこ先生はとても素敵な音を出せる先生で
(数年前に初めて先生のピアノをお聴きした時、やわらかな衝撃をうけました。
 なんといったらよいか、とても柔らかで力強くて優しいピアノなのです)

これまでピアノで感銘を受けた人、といえば
 ①新大時代のピアノの先生、田中幸治先生(現新潟大学准教授・現役演奏家)
 ②矢野あきこ大先生(ライブではもう髪の毛逆立つくらいのピアノ聴きました)
 ③まりこ先生
の三名の方です。そのうちの一人の方に娘のピアノの先生になっていただけて
娘にかこつけて私の方が嬉しいくらい☆



もとい、レッスンに話はもどって

会場のお家は木でできているおうちなので(手作りログハウスだそうです)
まりこ先生のピアノの音がやさしく包まれるように響いて
大きな窓からは一面の緑とちょっとのお花たちが見えて

ただそこにいるだけで穏やかなきもちになれる、そんなレッスンでした。

葉花太に「音を楽しんで」ほしい、とこちらでのレッスンの申し込みをしましたが
実際、つきそいの私の方がその時間の中で一番癒されたのかもしれない
と思うくらい落ち着いたゆったりした気持ちになれました。
[PR]
by dignen | 2010-10-03 00:55 | ピアノのこと

教本について

4歳の娘の初めてのピアノレッスン用に
どんな教本が良いのか考えてみました。

私の子ども時代には、周りの子の多くがバイエルを練習していました。
私はヤマハの幼児科や小学生科をずっと進んできたので
バイエルは弾いたことがなく
なんとなく憧れの世界だったのですが
今ではあんまりおすすめされていないようでした。

ちょっと古い奏法になってきているんだって。
というのも、
バイエル氏が生きてらっしゃった19世紀にあったピアノと
現代のピアノは様々な面で異なってきているのだそうです。

ピアノ製作の技術的な改良がされてきていて
それに伴い、打鍵(タッチ)のしかたが変わってきているのだそうです。


試行錯誤の末、選んだのが

c0057781_13535528.jpgバーナムピアノテクニック
(ミニブック)

エドナ・メイ・バーナムさんという
アメリカの方が出版したシリーズで
幼児が初めてピアノを弾く時の練習本です。

短いフレーズの練習曲で、ひとつひとつに
タイトルと挿絵がついています。

「あるこう」「スキップ」「かけあし」
とか

「深呼吸」「晴れの日とくもりの日のさんぽ」
とか

「逆立ち」「側転」とか



弾く際に、指の動きだけでなく
音の表現を重視しているような印象です。

音をどうとらえるか
どうやってひけばよいのか

気持ちのうえでの弾き方を学べそうです。


子どもでもわかるように
挿絵つきっていうのも気に入りました。

ちょっと楽しそうな教本です。



まだ練習は始めていませんが
昨日届いたこの教本を眺めながら
鍵盤の前の椅子にちょこんとすわり手を動かしていた娘でした。
[PR]
by dignen | 2010-02-15 14:01 | ピアノのこと

ピアノレッスン

c0057781_1054585.jpgそろそろ長女にピアノを教えたいと思っている。

娘は4歳になり
最近めざましく成長している。

半年前には想像できないくらい
ひらがなや数字アルファベットなど覚え
読めるようになり書くことにも熱心だ。

お絵かきやぬりえも広がりをみせてきた。

そろそろピアノを導入してもよい頃かも。



とはいえ、
私自身5歳くらいから習い始めたが
その初歩レッスンの記憶はまったくない。

一体、どうやって?



ネット検索してみると

「みいさん」という横浜でピアノ教師をしている方の
ブログにたどり着いた。

今は更新はしていないらしいけど
過去ログになかなかわかりやすい
レッスン方法など記されていて
大変参考になりました。


読んでいくうちに私も
練習を再開したくなってしまった。
[PR]
by dignen | 2010-02-14 10:58 | ピアノのこと


山の古民家暮らしをつらつらと。


by dignen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク集

【ストーブ☆リンク】

ストーブ屋ペレットマン
更新しました☆
うちの家業になりました。ペレットストーブの普及をしながら、小国の間伐材を使用した木質ペレットを作ってます☆めざせ、エネルギーの地産地消!


ペレットマン日記
むっちゃんのブログです。


ペレットストーブ屋BOSSの日記
by 北信州のBOSS






【田舎暮らし☆リンク】


けごや
小国在住つる細工作家さんのサイト。白炭についても詳しく載っています。


小国フォルケ
小国町大石沢にあるフリースクール。奥さんが葉花太のピアノの先生でもあります。


CONNECT小国
小国の黒沢峠で毎年開催されるCONNECTというイベントの公式ブログ。友人のメガネ屋さんが更新してます。山の美しさ、音との共鳴、最近は山歩きも。


草虫こよみ
暮らし、自然、食、縫い物、暦。


地給知足
いろんな自作発明で楽しそうに暮らしている様子がうかがえます。農的暮らしも楽しそう。





【てしごと☆リンク】



笑坐飯店
えみおわすはんてん

布や糸や染めや暮らしぶりについて。触感が伝わってくる画像に思わずうっとり。


布工房
染め、縫い、紡ぎについて


CIELO(シエロ)
大阪の染め糸屋Cieloさん


kao-handmadeのブログ
小国在住の布小物作家さん


編みむメモ
糸紡ぎ、染色、編みについての紫音さんのブログ。私から見るとセミプロのような繊細な作品しあがりにいつも憧れます。猫つながりでも♪


ODORADEKU
art yarn-spinning

羊の原毛から紡ぐart yarn。アートヤーンというものの存在にノックアウトされそうです。最高にテンションあがる糸がたくさん掲載されています。


のんびり まったり一緒にね♪
モチーフのフリー編み図公開中のイロハトネさんのブログ。オリジナルのカラフルモチーフを見るとわくわくしてきます。


お気楽 気ままな毎日
パイナップル編みのネットバッグを編んでくれたへるやさんのブログです。素敵な編み作品がたくさん掲載されています。




【その他☆リンク】


わくわくにっき
中1の姪っこユメの日記。


小国山岳ラッセルマン
小国在住の登山家さん。山登りはビギナー中のビギナーの自分ですが、プロの目から見るとこういう視点なのか、と目からウロコの興味深い内容です。でもね、もうしばらく更新してないみたい。いつかまた再開してほしいと願っているブログのひとつです。


山形庄内の海より
海中写真すてきです。身近な庄内の海の底にこんなワンダーランドがあるなんて!いつかもぐってみたいと思い続けてもう幾数年。


saitooa
10年以上も前、学生時代に作った私個人の趣味サイトです。当時育てていた植物についてばかりの内容。セントポーリアや多肉植物、サボテンについて南ミシシッピで育てていたころの記録です。その他の項目は未完成です。もうコンテンツの完成は夢のまた夢だね。ここにリンクしておかないと存在自体を忘れそうなので記します。


ブログジャンル

画像一覧