カテゴリ:陶芸とクラフト( 20 )

ハートツリープロジェクトと焼きもの体験つち団子

c0057781_23171210.jpgc0057781_2310610.jpg








白鷹は深山のつち団子という
陶芸教室の金田先生に誘われたハートツリープロジェクト。

震災後、何かできないかと
模索しているうちにこういう案になったそうです。


置賜地方に伝わる小正月の行事、「団子さし」の団子の木。

その団子の木のようにハートの木を作ったらどうだろうか

つきましてはハートを募集しているのでよろしく



と頼まれたのは先昨年のクリスマスへ向けての時期だったか・・
が、中々思うようにはかどらず

でも今回やっと参加することができました。



白鷹の文化交流施設あゆーむという場所で
チャリティ陶芸体験をしつつ、余り粘土でハートもいくつか作ってきましたよ。
c0057781_23212478.jpgc0057781_2372397.jpgc0057781_2375578.jpg












c0057781_238529.jpgc0057781_2383238.jpgc0057781_2383611.jpg












c0057781_2385878.jpgc0057781_239879.jpgc0057781_2393044.jpg












c0057781_2394387.jpgc0057781_2395926.jpg





























にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
[PR]
by dignen | 2013-03-02 23:05 | 陶芸とクラフト

こどもクラフト時間☆

c0057781_9112879.jpg

昨日は、ふた月ぶりにクラフトをしに出かけてきました。

暑さも落ち着くと、じっくりと創作に取り組みたくなります。

森のクラフト教室&陶芸教室が車で30分くらいの場所にあるので

ここ数年、暇を見ては子どもを連れて遊びに行っています。




冒頭の白いお皿はマルスケ作。
6月の末に作っておいたのが完成していました。

c0057781_9124068.jpg

乳白色がとてもきれいにでていて 心安らぐ器になりました。

でもこれには実は隠れたものが・・

c0057781_914274.jpg

なんと、お皿の土台にゾウを4頭配置していたのでした。

これじゃ、普段使いの食器にならないじゃん!

と思いつつも、ゾウののほほんとした表情にほっこり。


マルスケも満足のいく出来具合だったようで終始ニコニコ。

c0057781_9193928.jpg

今回はハリネズミを作っていました。

ボディに、ほそいハリを1本1本作ってくっつけてた。
こんなにまめな仕事するのに、なんで普段はあんなにズボラなのかと不思議な気持ちになったりして(笑)





c0057781_915572.jpg

一方、ハカタが仕上げたのは、ミニ黒板。

板に黒板用のペイントを施して
四方に飾りの枝や木の実などをくっつけて。

黒板消しは小枝の先にスポンジを巻きつけたもの。
素敵なおもちゃになりました。

帰宅してからもずっとアイタロと2人でかわりばんこにお絵かきしてた。




c0057781_9244944.jpg

ハリネズミを完成させたマルスケは

今度はトチの実をボートにしたてて、「舟をこぐ人」を作ってた。

c0057781_9252577.jpg

そして蝶々も。

大きな松ぼっくりの羽をほぐして蝶々の羽根に。

ハカタもそれを見て真似をして作ったのが左側。


c0057781_928996.jpg

あいたろうはその間

手こねでぐい飲みのようなかたちと大きさのカップを作ってた。
小物入れにするんだって。 ・・写真撮り忘れました。

ずっと手でこねこねしてたから粘土は乾いてカピカピだったけど
そのひび割れ具合がいい感じになるなぁと。 これも親バカねw

そして、枝のスライスにいろんな森の材料をのせてくっつけて
自分の世界を築いていました。いろんな物語がこのうしろにあるようです。






夏の間は、わりと動の遊びが多かった。
海に川に山にプールに、さんざん動いてはしゃいで笑って眠って。

そして今、自然に静の遊びに気もちが向いていくようで
子どもの世界っておもしろいね。

手や指の触感、匂い、視覚
そんな五感を使っていろんなことにどんどんいろんなことを試していってほしいな。
そう思っています。







にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
[PR]
by dignen | 2012-09-09 09:39 | 陶芸とクラフト

こどもの日は森で陶芸&クラフト

5月5日(土・祝)

c0057781_12171678.jpgc0057781_12174026.jpg








白川ダムのそばを通って、いつもの森へ向かいました。
ダム湖の向こうの山が萌えていた。陽光に輝く空と山と湖と子どもたち。

c0057781_12191171.jpgc0057781_12192127.jpg








森の陶芸教室にて。全員400gの陶土をいただき4人で製作。
ムツマルはもちろんだけど、ハカタもアイタロもひとかたまりの陶土を扱えるようになりました。

c0057781_122165.jpgc0057781_12211666.jpg









c0057781_12213259.jpgc0057781_12214347.jpg









c0057781_12225724.jpgc0057781_12231344.jpg








陶芸の後は、小枝クラフト。アイタロは竹を切るためにのこぎり練習に夢中。

c0057781_1224770.jpgc0057781_12241713.jpg








ムツマルのクラフト作品、ボクサーたちとドラゴン。
家に持ち帰るとちびたちに壊されちゃうので、
クラフト教室の展示棚に置いてきました。

たくさんの人に見てもらえるといいな、とはムツマル談。






にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
[PR]
by dignen | 2012-05-05 23:15 | 陶芸とクラフト

陶芸アトリエにて 

11月12日(土)

c0057781_1417549.jpgc0057781_14173059.jpgc0057781_14174538.jpg














11月いっぱいで冬季閉鎖となってしまう源流の森の陶芸アトリエ。
久し振りに子ども3人そろってでかけてきました。

出来上がった作品を取りに行くだけのはずが、やっぱり粘土をこねてきました。
上の2人がご飯茶わんに挑戦。それぞれに好きなように作っているようです。

最近は、講師の先生もわりと放任してくれていて
それでも一人でどんどん作り進めていく様子に、まあ満足。

講師の先生と私とでゆっくり近況報告などもできてよかった。
こういう時間はたまに必要だね。


こちらができあがって今回受け取った作品(10/2につくったのもの)です。
c0057781_14234773.jpgc0057781_1424443.jpg








子どもが作ったものの余り粘土、
それもかぴかぴに乾いてしまった粘土でミニ植木鉢。無骨ぐあいが案外よかった。
さっそく、ウキウキと多肉植物を植えてみました。

c0057781_1427915.jpgc0057781_14272470.jpg








葉花太の作った自分用マグカップ。なかなか◎ 飲みごたえもありそう。
そして私の作った片口。底にガラスを入れて焼いてもらいました。

c0057781_14291076.jpgc0057781_14354516.jpg








石鹸置きに、キャンドルシェイド。
でも、紺の石鹸置きは実は今朝割れてしまいました。衝撃。
陶器用ボンドで…。











にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
[PR]
by dignen | 2011-11-13 14:40 | 陶芸とクラフト

陶芸アトリエにて

c0057781_23184727.jpgちびたちとでかけた
陶芸のアトリエにて。

久々に、ちびたちのサポートじゃなくて
自分の作りたいものを作れたひとときでした。

これはドリームキャッチャーの輪になる予定。


c0057781_2319273.jpg最近授乳も終わりに近づいてきて
(思い返せば、葉花太が生まれた5年半前から
 ほぼ毎日授乳している。末の子がお腹にいた後半の
 半年くらいだけは休みだったかな、そういえば)

食欲もバカみたいな大食いから
やっと普通サイズに戻りつつあります。
だから普通サイズの茶碗を作ってきました。

そしてコーヒードリッパー&下にコーヒーを受ける細い円筒状の容れ物。

アイタロの四角皿に、マルスケの小皿シリーズ。余りで野草挿し&恐竜なども作ってました。
あいかわらず粘土は楽しいです。





にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by dignen | 2011-07-02 23:32 | 陶芸とクラフト

源流の森にて:陶芸・ドングリクラフト・そしてウッドビーズたち

c0057781_563818.jpg中津川の
森林公園
「源流の森」へ。

明け方は土砂降りでしたが午後からすっきり晴れました。しっとりと緑が鮮やかです。

c0057781_5112179.jpg連休の頃にはオープンしたと
聞いていましたが
それから1カ月ちょっと。

やっと足を向けることができました。

冬のお休みの間に
ウッドビーズのサークルができていてびっくり。
陶芸の先生の手作りだそうです。スゴイ技ダ!


c0057781_5122844.jpg踏むと足の裏が痛気持ちイイ~☆ 
ちびたちも大はしゃぎです。

マルスケは木馬に腰掛けながら
本棚の「どこを切ってもプラナリア」という本に夢中。
c0057781_5115182.jpg










c0057781_5254968.jpg木の遊具スペースには
すべり台や木馬も。
太鼓もぜんぶ手作り。

最近鼓笛隊で小太鼓を練習してる葉花太と
リズムのたたき合いっこして遊びました。





c0057781_5125142.jpg陶芸のアトリエに行くまでの森の遊歩道には

小川があったり、飛び石があったり、
散歩にももってこい。

c0057781_5161828.jpg










c0057781_516503.jpgクラフトのアトリエでは
いろんなドングリや小枝や枯れ花が
クラフトのパーツとして
きれいにならべられていて

普段その辺に落ちてるものだらけなのに
こうやって整理整頓されていると
心躍る材料に見えます^^



c0057781_5171939.jpg葉花太の作ったリースとブローチ。










c0057781_5162984.jpgアイタロウは陶芸です。

クラフトと陶芸は
同じアトリエの隣の部屋なので

子どもたちのそれぞれ好きなことが
同時にできて

連れていく方としてはとても助かりましたよ。




この後カメラのバッテリー切れで写真は撮れず。
それはそれでまあ、いいか。




にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村





今日はこれから光兎山(こうさぎやま)へ登る予定。
7時集合に遅刻してはいけないとなんだか早く目が覚めました。
[PR]
by dignen | 2011-06-12 05:58 | 陶芸とクラフト

森のアトリエにて

c0057781_0114380.jpg月初めに
陶芸で皿などを
こねてきたのが
焼きあがったよ、と
連絡が来ましたので
勤労感謝の日に
取りに行ってきました。

ついでに
クラフトして遊ぶことに。

マルスケの作った
トナカイ&そり&サンタさんです。


c0057781_012459.jpgc0057781_0121543.jpg








このアトリエでは、材料も道具もすぐ使えるようにしてあるので
とってもハンディ☆ 思いつきがすぐ実行に移せて楽しいのです。

c0057781_0194036.jpgc0057781_0124515.jpg








係のお姉さんがいろいろ手伝ってくれるので安心してまかせられます。
右のはハカタの作ったリース。

c0057781_013437.jpgc0057781_01842.jpg








こちらが完成された皿とワニ。
大きいのがアイタロ。裏にはハンコぺたぺた押されてます。
丸小皿2枚、四角の中皿がマルスケ。余った粘土を手こねしてミニてしょは私の。
ワニの色がかっこよくしあがって◎ 窯と炎の不思議でこの色になりました。

c0057781_013249.jpgc0057781_0133721.jpg最後に私のリースふたつ。

たのしい工作時間でした。

クリスマスに向けての用意
始まった感アリ。
[PR]
by dignen | 2010-11-25 00:30 | 陶芸とクラフト

土だんごの陶芸ができてきました☆

夏休み中に開催された土だんごの陶芸教室で作った器が
完成して手元に届きました。
c0057781_23142514.jpgc0057781_23143947.jpg








私のお皿&マルスケのドラゴンと湯のみ(テントウムシつき)です。

c0057781_23195587.jpgみなさんの作品も
それぞれみんな味わい深くて素敵☆







c0057781_23201212.jpg小学生男子はみんな
怪獣を手掛けていました。
なかなかの迫力で◎!
[PR]
by dignen | 2010-11-12 23:28 | 陶芸とクラフト

クラフト&陶芸のアトリエへ

11月6日(土)午後3時~5時頃

ダム湖で遊んだ後、九才峠をこえて中津川へ。
源流の森のアトリエへやってきました。
c0057781_13244177.jpgc0057781_1325625.jpg







陶芸と木工クラフトのアトリエは中でつながっているので
子ども3人それぞれしたいことが異なっていても対応できて便利です。

c0057781_13252275.jpgc0057781_13253642.jpgc0057781_13255223.jpg











c0057781_13261385.jpgc0057781_13263287.jpg









源流の森は冬季間は閉鎖されるので11月いっぱいでおしまいです。
春の連休までお休みするそうです。ちょっとさみしくなるけど
月末までにはもう1回くらい、来れるかな?
[PR]
by dignen | 2010-11-10 13:37 | 陶芸とクラフト

陶芸作品ができあがりました☆その3

c0057781_14443633.jpgc0057781_14444765.jpg左画像:
 マルスケてんとう虫の鉢
 香代ちゃんのお皿
 むっちゃんの小鉢。
右画像:
 ハカタの四角のお皿
 残り3点は私の。

c0057781_1450984.jpg9/19に作陶したもの。「森の文化祭」にて。

これ、子どもが途中で外で遊びたくなってしまっていなくなっちゃって
残されたけっこうな量の粘土が、私だけと一緒に残り
何作れるかなぁとひとりぽつんと作った3点でした。

陶芸してて初めて困った瞬間です。

散々こねくりまわされ遊ばれた後に
かたくなり乾いてヒビわれた粘土で作りました。
ケド、何とか形になっててふう、と一息。
[PR]
by dignen | 2010-10-12 14:56 | 陶芸とクラフト


山の古民家暮らしをつらつらと。


by dignen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

【ストーブ☆リンク】

ストーブ屋ペレットマン
更新しました☆
うちの家業になりました。ペレットストーブの普及をしながら、小国の間伐材を使用した木質ペレットを作ってます☆めざせ、エネルギーの地産地消!


ペレットマン日記
むっちゃんのブログです。


ペレットストーブ屋BOSSの日記
by 北信州のBOSS






【田舎暮らし☆リンク】


けごや
小国在住つる細工作家さんのサイト。白炭についても詳しく載っています。


小国フォルケ
小国町大石沢にあるフリースクール。奥さんが葉花太のピアノの先生でもあります。


CONNECT小国
小国の黒沢峠で毎年開催されるCONNECTというイベントの公式ブログ。友人のメガネ屋さんが更新してます。山の美しさ、音との共鳴、最近は山歩きも。


草虫こよみ
暮らし、自然、食、縫い物、暦。


地給知足
いろんな自作発明で楽しそうに暮らしている様子がうかがえます。農的暮らしも楽しそう。





【てしごと☆リンク】



笑坐飯店
えみおわすはんてん

布や糸や染めや暮らしぶりについて。触感が伝わってくる画像に思わずうっとり。


布工房
染め、縫い、紡ぎについて


CIELO(シエロ)
大阪の染め糸屋Cieloさん


kao-handmadeのブログ
小国在住の布小物作家さん


編みむメモ
糸紡ぎ、染色、編みについての紫音さんのブログ。私から見るとセミプロのような繊細な作品しあがりにいつも憧れます。猫つながりでも♪


ODORADEKU
art yarn-spinning

羊の原毛から紡ぐart yarn。アートヤーンというものの存在にノックアウトされそうです。最高にテンションあがる糸がたくさん掲載されています。


のんびり まったり一緒にね♪
モチーフのフリー編み図公開中のイロハトネさんのブログ。オリジナルのカラフルモチーフを見るとわくわくしてきます。


お気楽 気ままな毎日
パイナップル編みのネットバッグを編んでくれたへるやさんのブログです。素敵な編み作品がたくさん掲載されています。




【その他☆リンク】


わくわくにっき
中1の姪っこユメの日記。


小国山岳ラッセルマン
小国在住の登山家さん。山登りはビギナー中のビギナーの自分ですが、プロの目から見るとこういう視点なのか、と目からウロコの興味深い内容です。でもね、もうしばらく更新してないみたい。いつかまた再開してほしいと願っているブログのひとつです。


山形庄内の海より
海中写真すてきです。身近な庄内の海の底にこんなワンダーランドがあるなんて!いつかもぐってみたいと思い続けてもう幾数年。


saitooa
10年以上も前、学生時代に作った私個人の趣味サイトです。当時育てていた植物についてばかりの内容。セントポーリアや多肉植物、サボテンについて南ミシシッピで育てていたころの記録です。その他の項目は未完成です。もうコンテンツの完成は夢のまた夢だね。ここにリンクしておかないと存在自体を忘れそうなので記します。


ブログジャンル

画像一覧