カテゴリ:コトバ コトノハ( 4 )

思考と記文化

先日、新聞に載っていたこと。

思ったことは、口に出したり文に書いたりしなければ思考とならない。



確かにその通り。outputが大切なんだね。
私にとってこのブログに1~2週間に1度くらいの割合で書くことが刺激となっている。備忘録としての役割も果たしつつ脳のトレーニングにもなっている状態なのかもしれない。

出産を数回経験した。それが作用しているかどうかは定かではないが、その前後で脳の働き、特に言語に関わる働きが急激に鈍化している。ここ半年ほど英語の文章を日本語へ翻訳する仕事を請け負っている。英文を読むのはいい。すんなりと意味を把握できる。しかし、それをうまい具合に日本語に変換しようとするとぐぐっとつまってしまうのだ。適切な日本語が頭に浮かばない。吟味に相当時間がかかる。結婚前にも同じ仕事をしていたが、その時はそんなことはなかった。これは老化?それとも巷で噂の出産・母乳育児の影響なのか?意見、体験談求む。
[PR]
by dignen | 2009-06-20 13:43 | コトバ コトノハ

つぼはま「庄内弁な日々」

むひゃひゃひゃ、ってなてしまうブログ見つけでしまた。

それは庄内弁な日々です。

はじめて出会ったエントリーは
ファミレスって・・・。(;-~-)

TBすっどしたけど、これってgooにログインさねばでぎねなんがな? なんかさせでもらわんねくって考えんなもめんどくせさげとりあえずインラインリンク貼てみだ。まずよろしく。
[PR]
by dignen | 2005-09-27 08:50 | コトバ コトノハ

めじょけね

ここでひとつ。
リクエストにお応えしてまた酒田弁の紹介を。

めじょけね

さあ、わかるかな?
かわいそうって意味。

例文1:
弁天さんで子猫すてらっでだんけ。あんまりめじょけねぐって、弟のけんと近所のえりちゃんと3人で抱っこして家さ連れ帰たんども、お母さんから捨てでこいってごげらっでおんなじ場所さ戻してきたごどある。あの猫どうなたろのぉ?

例文2:
あんまりめじょけねぐなてしまてやぁ、ついごはんくっでしまたけ。

例文3:
あいや、そいだばめじょけねごど。



ぜひあなたも使ってみてください。
[PR]
by dignen | 2005-04-22 16:15 | コトバ コトノハ

もっけだの

もっけだの

ってなんだか知ってます?
庄内人にとっては切っても切れない間柄のこのことば。

私、山形県庄内は酒田の生まれなんですが、高校を卒業するまでそこに住んでおりました。で、酒田って、住民ほぼ全員が酒田弁を話すところなんです。もう生まれたときから、「んだのー」なんてお手のものでした。小学校のクラスでは、「おめだ、なにしてんなやー」 「うわっやばち」 「めじょけね」なんて飛び交っていたものです。

中学に入ると、ちょこっと色気づいてきて、憧れの先輩なんて出てくるものなんですが、そのやりとりも、「先輩さチョコあっげっでんども、どーすっでー。」 なんて、はにかみとは無縁のように聞こえる(でもはにかんでいたのよ、思春期のワタシたち)ような会話があったわけなんです。

故郷を飛び立ち幾星霜...たった今でも、この酒田弁のパワーは私を惹きつけてやみません。なんたって心情をこれほど事細かに伝えることばってなかなかないのですもの。その代表的ともいえるひとつが「もっけだの」。

これ、いわゆる「ありがとう」という感謝の気持ちと「ごめんなさいね」という謝罪のきもちがないまざっているのです。それぞれ単独の意味合いでは「もっけだの」は語れません。

例えば、

隣のばあちゃんに漬物をもらった場合:
「もっけだのぅ」 -意訳:あらあら悪いわね、でも嬉しいわ って感じ。

風邪引いて学校休んだ私のためにプリントもってお見舞いにきてくれた近所の子に対する親の対応: 「もっけだけの。これ食べれ」とみかんを渡す。-意訳:わざわざきてくれて悪いわね、うちの軟弱な子のためにね(この場合、過去形です)。



c0057781_103539100.gif数年前から、YBCラジオで土曜の午前に「いいのぉー庄内!」ってっ番組やってるってきいてますが、最近やっと初めて聞くことができました。これ、けっこうおもしろい。内容なんてたいしたことないんだけど、ここのお兄ちゃんが、なんか声出すだけで聞くほうはおもしろい。で、お姉ちゃんがまたけらけら笑うんだな。で、リスナーはがきを読むんだけど、それが必ず「もっけだのー」から始まる。うちのルーミーさんは「もっけだのー」が「こんにちは」みたいな意味だと勘違いしてたよ。もし、あなた山形県内在住だったら今度一度お試しください。なにがおかしいのか自分でもわからないけどおかしくなるはず。かも。ん。
c0057781_10374176.jpg

パーソナリティのドンキーさとうさん。
[PR]
by dignen | 2005-03-03 10:24 | コトバ コトノハ


山の古民家暮らしをつらつらと。


by dignen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク集

【ストーブ☆リンク】

ストーブ屋ペレットマン
更新しました☆
うちの家業になりました。ペレットストーブの普及をしながら、小国の間伐材を使用した木質ペレットを作ってます☆めざせ、エネルギーの地産地消!


ペレットマン日記
むっちゃんのブログです。


ペレットストーブ屋BOSSの日記
by 北信州のBOSS






【田舎暮らし☆リンク】


けごや
小国在住つる細工作家さんのサイト。白炭についても詳しく載っています。


小国フォルケ
小国町大石沢にあるフリースクール。奥さんが葉花太のピアノの先生でもあります。


CONNECT小国
小国の黒沢峠で毎年開催されるCONNECTというイベントの公式ブログ。友人のメガネ屋さんが更新してます。山の美しさ、音との共鳴、最近は山歩きも。


草虫こよみ
暮らし、自然、食、縫い物、暦。


地給知足
いろんな自作発明で楽しそうに暮らしている様子がうかがえます。農的暮らしも楽しそう。





【てしごと☆リンク】



笑坐飯店
えみおわすはんてん

布や糸や染めや暮らしぶりについて。触感が伝わってくる画像に思わずうっとり。


布工房
染め、縫い、紡ぎについて


CIELO(シエロ)
大阪の染め糸屋Cieloさん


kao-handmadeのブログ
小国在住の布小物作家さん


編みむメモ
糸紡ぎ、染色、編みについての紫音さんのブログ。私から見るとセミプロのような繊細な作品しあがりにいつも憧れます。猫つながりでも♪


ODORADEKU
art yarn-spinning

羊の原毛から紡ぐart yarn。アートヤーンというものの存在にノックアウトされそうです。最高にテンションあがる糸がたくさん掲載されています。


のんびり まったり一緒にね♪
モチーフのフリー編み図公開中のイロハトネさんのブログ。オリジナルのカラフルモチーフを見るとわくわくしてきます。


お気楽 気ままな毎日
パイナップル編みのネットバッグを編んでくれたへるやさんのブログです。素敵な編み作品がたくさん掲載されています。




【その他☆リンク】


わくわくにっき
中1の姪っこユメの日記。


小国山岳ラッセルマン
小国在住の登山家さん。山登りはビギナー中のビギナーの自分ですが、プロの目から見るとこういう視点なのか、と目からウロコの興味深い内容です。でもね、もうしばらく更新してないみたい。いつかまた再開してほしいと願っているブログのひとつです。


山形庄内の海より
海中写真すてきです。身近な庄内の海の底にこんなワンダーランドがあるなんて!いつかもぐってみたいと思い続けてもう幾数年。


saitooa
10年以上も前、学生時代に作った私個人の趣味サイトです。当時育てていた植物についてばかりの内容。セントポーリアや多肉植物、サボテンについて南ミシシッピで育てていたころの記録です。その他の項目は未完成です。もうコンテンツの完成は夢のまた夢だね。ここにリンクしておかないと存在自体を忘れそうなので記します。


ブログジャンル

画像一覧