<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カメラが壊れた…

c0057781_11213030.jpg
長年愛用してきたcybershotがついに壊れた。

2台目のcybershotだった。




アメリカからもどってきてまもなく購入したのもので
もう8年使い続けてきた。

アメリカにいた学生時代に
ルームメイトと共同で買ったcybershotが1台目。

色の出方が気に入っていて
帰国の際にルームメイトに譲って
日本で自分専用として買った。

いわば、独り立ちの記念品のひと品だ。



ここ最近まわりの人たちが使っているような
カードのように薄いカメラを目にするたびに
このぶ厚い古サイバーをみつめ
なんとなく時代遅れのような気がしてきていた一方

新製品へすぐ移行してしまう
消費社会への疑問も強く胸に残り
大切に愛をこめて使っていた。


それが壊れてしまった…。



雪の上に落としてそのまま気付かずに歩み去ってしまったのだ!

発見者なたねちゃんが見つけた時、
犬がそれとじゃれていたらしい。

もう電源がはいらない。
充電してもだめ。

一瞬光って消えてしまう。




一応、時間が経ったら直ってる(?)かとも思って
乾かしつつ毎日電源をいれようとしてみた。

でもだめ。

この状態で2週間たつので
もうそろそろ最終告知をしなければならない。



ああ、自分が悪いのだけど
かえすがえすも残念無念。
[PR]
by dignen | 2010-02-26 11:29 | すぐれもの

そば打ち体験会

自然エネルギーの会で育てたそばを
自分たちで打って食べよう!という会が
先月、米沢の文化センター調理室で行われました。



こねて のばして きって ゆでて
c0057781_13403186.jpgc0057781_13404926.jpg










完成! いただきま~す!
c0057781_13413618.jpg
[PR]
by dignen | 2010-02-22 13:43 | 子どもとの時間

教本について

4歳の娘の初めてのピアノレッスン用に
どんな教本が良いのか考えてみました。

私の子ども時代には、周りの子の多くがバイエルを練習していました。
私はヤマハの幼児科や小学生科をずっと進んできたので
バイエルは弾いたことがなく
なんとなく憧れの世界だったのですが
今ではあんまりおすすめされていないようでした。

ちょっと古い奏法になってきているんだって。
というのも、
バイエル氏が生きてらっしゃった19世紀にあったピアノと
現代のピアノは様々な面で異なってきているのだそうです。

ピアノ製作の技術的な改良がされてきていて
それに伴い、打鍵(タッチ)のしかたが変わってきているのだそうです。


試行錯誤の末、選んだのが

c0057781_13535528.jpgバーナムピアノテクニック
(ミニブック)

エドナ・メイ・バーナムさんという
アメリカの方が出版したシリーズで
幼児が初めてピアノを弾く時の練習本です。

短いフレーズの練習曲で、ひとつひとつに
タイトルと挿絵がついています。

「あるこう」「スキップ」「かけあし」
とか

「深呼吸」「晴れの日とくもりの日のさんぽ」
とか

「逆立ち」「側転」とか



弾く際に、指の動きだけでなく
音の表現を重視しているような印象です。

音をどうとらえるか
どうやってひけばよいのか

気持ちのうえでの弾き方を学べそうです。


子どもでもわかるように
挿絵つきっていうのも気に入りました。

ちょっと楽しそうな教本です。



まだ練習は始めていませんが
昨日届いたこの教本を眺めながら
鍵盤の前の椅子にちょこんとすわり手を動かしていた娘でした。
[PR]
by dignen | 2010-02-15 14:01 | ピアノのこと

ピアノレッスン

c0057781_1054585.jpgそろそろ長女にピアノを教えたいと思っている。

娘は4歳になり
最近めざましく成長している。

半年前には想像できないくらい
ひらがなや数字アルファベットなど覚え
読めるようになり書くことにも熱心だ。

お絵かきやぬりえも広がりをみせてきた。

そろそろピアノを導入してもよい頃かも。



とはいえ、
私自身5歳くらいから習い始めたが
その初歩レッスンの記憶はまったくない。

一体、どうやって?



ネット検索してみると

「みいさん」という横浜でピアノ教師をしている方の
ブログにたどり着いた。

今は更新はしていないらしいけど
過去ログになかなかわかりやすい
レッスン方法など記されていて
大変参考になりました。


読んでいくうちに私も
練習を再開したくなってしまった。
[PR]
by dignen | 2010-02-14 10:58 | ピアノのこと

新しいストーブがやってきた!

c0057781_5374834.jpgc0057781_52736100.jpg











ホンマ製作所(新潟)のDR400。
薪とペレットが兼用できるストーブです。

鋼板仕立て。
職人さんが一台一台手作りするのだそうです。

今まで鋳物ストーブだっただけに
使い勝手が少々違い、とまどいもありますが
設置してから2週間たち
やっと最近慣れ始めてきました。

このストーブに対応した煙突は直径106cmですが
空気の引きのことを考え、ひとサイズ太い
直径120cmの煙突を使うことにしました。


c0057781_6323754.jpg今回初めて知ったのですが
煙突直径を好みに応じて変更するためのすぐれものもあったんですね。

左写真がそれです。

温度計の下方の黒い鋼板製のアダプター。
ストープの煙突口(直径106cm)に配し
煙突(直径120cm)へつないでいます。




c0057781_511383.jpg中の様子はこんな感じ。

底面の真ん中に灰受けへ通じる穴があります。

外見では縦長の直方体に見えたので
内部もそうかと思いきや
実は上部に二方向から傾斜がついていて
(三角屋根のような感じ)
空気の流れ(ドラフト)を考慮しているのかも。



c0057781_6422427.jpg外から見た燃焼部上部。
暖気の出口であろう部分。

実際は全体の輻射熱で暖める様式なので
送風はされないのですが。



<もとい>暖気の出口っぽくみえましたが
実際「出口」というものではないので
たんなる表面積を増やすための飾りでしょう。

表面積が大きければ大きいほど
輻射する範囲が大きくなり、結果暖かくなります。









c0057781_5115211.jpg薪ストーブとして使用する時は
この足つき網を灰受けへ通じる穴の上に設置します。









c0057781_518317.jpgc0057781_5182317.jpgペレットを使う時は
このかごに
ペレットを詰め
さらに黒筒に入れて
ストーブ内へ設置します。











c0057781_5235475.jpgc0057781_6485464.jpg初着火の時の様子。
まずは薪から始めてみました。
[PR]
by dignen | 2010-02-11 06:56 | 小国の暮らし

晴れた朝

c0057781_13391165.jpg











気持ちのいい朝だ。
相変わらず気温は氷点下だけど
もうすぐぽかぽかしてくるだろう。



c0057781_1340555.jpg








陽なたへ駆け出す1匹と2人。



c0057781_13411367.jpg








なんで逃げない、ゴーゴーよ…



c0057781_13342471.jpgc0057781_13344819.jpg










まくれる雪をつついてみるハカタ。
かちんこちんでピクリともせず。

うちの前の通りから見た我が家。
雪の壁のむこうにかすかに屋根のてっぺんが見えます。
[PR]
by dignen | 2010-02-08 13:45 | 小国の暮らし

寒波の後に

c0057781_1221395.jpgc0057781_1262226.jpg











数日ぶりに雪と風がやんだ夕方。
散歩にでかけた。

c0057781_1225688.jpgc0057781_1231693.jpg
[PR]
by dignen | 2010-02-08 09:10 | 小国の暮らし

このごろ寒い

c0057781_14581781.jpgここ数日、立春を過ぎてから
寒い日が続いています。

今日は正午の少し前に
-6℃(自宅の車庫にて計測)!

日中はそんなにも気温は下がらず
夜から早朝にかけ低温になるのが
いつものパターンなんだけど。


2日前には夕方5時ごろ-10℃でした。
びっくり!

その後は少し上昇して9時に-6℃。
(日が暮れてから上がるのはなんでだろう?)

小国の冬を経験するのは6回目だけど
こんなのは初めてかも。

パリパリジャリジャリビュービューの中
小学生は雪遊び祭りだかとかで外出中です。

子どもは風の子ってほんとだぁね。
[PR]
by dignen | 2010-02-06 15:06 | 小国の暮らし

おひるね

c0057781_10155838.jpgだれかが眠っていると
必ず寄ってきて
添い寝をしてくれるゴーゴーです。

自分の子のように思っているのかな?
[PR]
by dignen | 2010-02-05 10:16 | 子どもとの時間


山の古民家暮らしをつらつらと。


by dignen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

リンク集

【ストーブ☆リンク】

ストーブ屋ペレットマン
更新しました☆
うちの家業になりました。ペレットストーブの普及をしながら、小国の間伐材を使用した木質ペレットを作ってます☆めざせ、エネルギーの地産地消!


ペレットマン日記
むっちゃんのブログです。


ペレットストーブ屋BOSSの日記
by 北信州のBOSS






【田舎暮らし☆リンク】


けごや
小国在住つる細工作家さんのサイト。白炭についても詳しく載っています。


小国フォルケ
小国町大石沢にあるフリースクール。奥さんが葉花太のピアノの先生でもあります。


CONNECT小国
小国の黒沢峠で毎年開催されるCONNECTというイベントの公式ブログ。友人のメガネ屋さんが更新してます。山の美しさ、音との共鳴、最近は山歩きも。


草虫こよみ
暮らし、自然、食、縫い物、暦。


地給知足
いろんな自作発明で楽しそうに暮らしている様子がうかがえます。農的暮らしも楽しそう。





【てしごと☆リンク】



笑坐飯店
えみおわすはんてん

布や糸や染めや暮らしぶりについて。触感が伝わってくる画像に思わずうっとり。


布工房
染め、縫い、紡ぎについて


CIELO(シエロ)
大阪の染め糸屋Cieloさん


kao-handmadeのブログ
小国在住の布小物作家さん


編みむメモ
糸紡ぎ、染色、編みについての紫音さんのブログ。私から見るとセミプロのような繊細な作品しあがりにいつも憧れます。猫つながりでも♪


ODORADEKU
art yarn-spinning

羊の原毛から紡ぐart yarn。アートヤーンというものの存在にノックアウトされそうです。最高にテンションあがる糸がたくさん掲載されています。


のんびり まったり一緒にね♪
モチーフのフリー編み図公開中のイロハトネさんのブログ。オリジナルのカラフルモチーフを見るとわくわくしてきます。


お気楽 気ままな毎日
パイナップル編みのネットバッグを編んでくれたへるやさんのブログです。素敵な編み作品がたくさん掲載されています。




【その他☆リンク】


わくわくにっき
中1の姪っこユメの日記。


小国山岳ラッセルマン
小国在住の登山家さん。山登りはビギナー中のビギナーの自分ですが、プロの目から見るとこういう視点なのか、と目からウロコの興味深い内容です。でもね、もうしばらく更新してないみたい。いつかまた再開してほしいと願っているブログのひとつです。


山形庄内の海より
海中写真すてきです。身近な庄内の海の底にこんなワンダーランドがあるなんて!いつかもぐってみたいと思い続けてもう幾数年。


saitooa
10年以上も前、学生時代に作った私個人の趣味サイトです。当時育てていた植物についてばかりの内容。セントポーリアや多肉植物、サボテンについて南ミシシッピで育てていたころの記録です。その他の項目は未完成です。もうコンテンツの完成は夢のまた夢だね。ここにリンクしておかないと存在自体を忘れそうなので記します。


ブログジャンル

画像一覧