<   2010年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

初雪と誕生日

c0057781_14373620.jpg昨日は私の38回目の誕生日で
霰や雹が雷と一緒に
ばらばらと落ちてくる初雪日でした。

一日中、朝から夜9時まで仕事で
テンションを高く保っていた反動で
帰宅してからはへとへとばったり。

c0057781_1444211.jpgそんな中
相方むっちゃんが「少しでもおいしものを」と
畑から新鮮な野菜を掘ってきて
ほかほかポトフを作ってくれていました。

芋のほっこり
白菜の甘さに癒されたよ うん。

c0057781_14472964.jpg朝になると
雪を目にしたちびたち喜んで

踏んで固めて蹴っぽって☆

おかげで保育園は遅刻してしまったのだ。
[PR]
by dignen | 2010-11-30 14:50 | 小国の暮らし

自己流 色まぜ糸の紡ぎ方

c0057781_13454653.jpg先日お友達のところで
フェルト遊びをしました。

ちょっとずつ30色の羊毛たちは
ひろげただけでウキウキさせてくれます。

まずはオーソドックスに
フェルトボールを幾つか。中央に。
ゴムを通せばヘアゴムにも。


c0057781_13493387.jpg糸は自己流ですが 
適当にやってみたら
こんなになりました。







c0057781_13501695.jpgまずは薄くシート状に広げる。

好きな色を2~3色重ねたり
アクセントでところどころに
色を置いたりも◎





c0057781_13533740.jpgそのシートをもしゃくしゃにして
そこから一つまみそっと引っ張る。

それを指や手のひらで撚っていくだけ。

手さえあればできてしまう簡単糸紡ぎです。




c0057781_13571445.jpgそれでこんなサックを編みました。

椅子のくつしたです。
ちょっと短いけど、まあよしとしようか。
[PR]
by dignen | 2010-11-28 14:00 | 手仕事~紡ぎと羊毛

羊毛の染色パック

c0057781_1145325.jpg色鮮やかな羊毛が届きました☆

羊毛の種類はロムニー種。

ニュージーランドの羊牧場から届いた原毛を
日本で処理・染色してくれたものだそうです。



c0057781_11102518.jpgこんな見かけの羊。

最近勉強したことには
羊にはものすごくたくさんの種類が居るそうで
羊毛も、そのやわらかさ、毛の長さ、光沢、と
いろいろたくさんあることを知りました。



c0057781_11435647.jpg初心者なので
10色あわせて100gパックを
ヴィヴィッドとパステルの2種類購入してみたところ
届いてみたらちょうどよいグラデーションになりました。

1色ずつほわほわのわた飴状の細長い1本になっています。
ニードルフェルトで好きな色のフェルトボ-ルを作って
クリスマス用のオーナメントをそのうち子どもたちと作れれば、
と思っています。


c0057781_11503176.jpgそして、色をまぜた糸を紡ぐことも大事な目的。

画像は先日お友達とおしゃべりしながら
思いつきで試行錯誤して紡いだものです。

羊毛を少しちぎってうすいシートにして
好きな色を重ねてほわほわ揉んで、
そこから糸を紡ぐこともできました。

撚りはあまり入れない手撚りだからこそ
ほんわりと気に入った糸にすることができました。
[PR]
by dignen | 2010-11-28 11:54 | 手仕事~紡ぎと羊毛

読んであげたいおはなし~松谷みよ子の民話 下

昨日の晴天とは打って変わって、
雪こそ降っていないが冷たい雨がしとしとと落ちてくる。

寒かったからか子どもたちはココアをせがんだけど
あいにく在庫切れで、温めた牛乳でお願いします、とストーブの上に鍋をのせたところ。
こんな日には最近読んでいるこの本の感想を。

c0057781_9223589.jpg「読んであげたいおはなし~松谷みよ子の民話 下」
筑摩書房

寝る前の物語はしばらくグリム童話だったけれど
秋も深まってきた頃から日本の話に移行した。
(ちなみにグリムのお話で人気が高かったのは
ブレーメンの音楽隊だった)


2巻組のこの民話の本。
上に春夏、下に秋冬のお話が載っている。

読み始めてみると子どもの反応はけっこう良くて
はなしの途中で眠ってしまっても翌朝目覚めてすぐ続きを聞きたがる。

布団の中があったかくて出たくない気持ちも手伝ってはいると思うけれど、ね。

私にとっても新しかったネタは、きのこのお化け。
夜に集団で訪ねてきて、歌って踊って笑って、家の主も誘って楽しそうに過ごす。
そんな陽気なきのこのおばけたちがいろんな話に登場する。

初めて聞いたけど、なんだか心あたたまるなぁ。
悪さをするわけではない、ただ楽しく過ごすおばけたち。

でも最後にはきのこ汁にされちゃったり
茄子の煮物でなぜか正体がばらされちゃったりします。

この本のあとがきには、思いがけず羽前小国の記述もでてきて
この松谷さんはここ小国も旅してお話を集めてまわったんだなぁと感慨もひとしお。

そういえば、お話の中には酒田方面の在郷の方言に似ているしゃべり方もでてきていた。
あれは偶然ではなく、もしかしたらこの人は庄内の方も回ったのかもしれない、と
なんだかお話がより身近に感じて、それが子どもたちにも伝わるのか
とても楽しんで聞いています。


最後にあとがきから引用を。

「トント昔のさる昔 有ったごんだが 無えごんだったか トントわがり申さねども
 トント昔ァ 有ったごどぇして 聞かねばなんねェ え

 羽前小国ではかく申しきかせてから昔を語ったという。(中略)昔話はそそり立つ山に似てそのふところは深く、雄大な語りもあれば岩かげに咲く一輪の花のように可憐な語りもある。(中略)この豊醇な世界を伝えて、と願いつつ。」
[PR]
by dignen | 2010-11-28 09:51 | 映画・本・うた

快晴!

c0057781_21433230.jpgc0057781_21434820.jpg








突き抜けるような青空。11月の最後の週末は滅多にない青空になった。

c0057781_21394026.jpgc0057781_21472014.jpg








藪椿の根元にはびっくりするくらい鮮やかな苔ときのこがいた。
葉がほとんど落ちてはじめて気づかれる瓜たち。今年は豊作?かも。

c0057781_21465610.jpgc0057781_21395472.jpg








朝顔の蔓から種を回収してもらった。玉ねぎのような形の種ポッドから
黒い粒の種が出てくるのが不思議でしようがない様子のハカタ。
ちょっと寝ぐせのついたまんまで。今年のお遊戯会ではAKB48を踊るらしい。

c0057781_2140880.jpgc0057781_21401792.jpg








一年前に収穫した小豆が虫に喰われていた。
残念だったけど、虫食いの跡が丸くてなんだか水玉模様みたい。

c0057781_21403395.jpgc0057781_21404659.jpg








いつのまにかチャンバラをしている二人。
ささげ豆を蔓からもいでくれるよう頼んだのに。ハカタが一人黙々ともいでいた。

c0057781_21414884.jpgc0057781_2142475.jpgc0057781_21421953.jpg











ローズマリーは雪が降る前に鉢に上げなければならない。
ルートボールが大きくてプランターに入りきらないのでりんご箱へ。
こうやって掘りあげてみて初めて気づく。案外大きく育ってくれていたんだ。

薪割りをしているわきで、小枝やからんでいた蔓など拾って
丸く編んで、カロライナジャスミンの誘導に使ってみた。トピアリーみたいに。

c0057781_21424370.jpgc0057781_21425725.jpg








おままごとのテーブルではゴーゴーが日なたぼっこ。
ドールハウスの屋根を作るんだ、と子ども3人がトンカチと釘を駆使して試行錯誤していた。

明日から雪だというが
今日は陽ざしも暖かで、ゆっくりと家周りを片づけながら楽しく過ごせました。
晩秋のこんな日は貴重なのでよろこびもひとしお。
[PR]
by dignen | 2010-11-27 21:48 | 小国の暮らし

冬じたく

c0057781_1912472.jpgc0057781_1915358.jpgc0057781_192756.jpg











外にいた植物たちを中に入れました。
日曜から雪が降る、と天気予報は言っています。
[PR]
by dignen | 2010-11-26 23:04 | 小国の暮らし

森のアトリエにて

c0057781_0114380.jpg月初めに
陶芸で皿などを
こねてきたのが
焼きあがったよ、と
連絡が来ましたので
勤労感謝の日に
取りに行ってきました。

ついでに
クラフトして遊ぶことに。

マルスケの作った
トナカイ&そり&サンタさんです。


c0057781_012459.jpgc0057781_0121543.jpg








このアトリエでは、材料も道具もすぐ使えるようにしてあるので
とってもハンディ☆ 思いつきがすぐ実行に移せて楽しいのです。

c0057781_0194036.jpgc0057781_0124515.jpg








係のお姉さんがいろいろ手伝ってくれるので安心してまかせられます。
右のはハカタの作ったリース。

c0057781_013437.jpgc0057781_01842.jpg








こちらが完成された皿とワニ。
大きいのがアイタロ。裏にはハンコぺたぺた押されてます。
丸小皿2枚、四角の中皿がマルスケ。余った粘土を手こねしてミニてしょは私の。
ワニの色がかっこよくしあがって◎ 窯と炎の不思議でこの色になりました。

c0057781_013249.jpgc0057781_0133721.jpg最後に私のリースふたつ。

たのしい工作時間でした。

クリスマスに向けての用意
始まった感アリ。
[PR]
by dignen | 2010-11-25 00:30 | 陶芸とクラフト

パイプオルガンのコンサート

先日、独立学園でパイプオルガンのコンサートがあるということで出かけてきました。

その数日前にもヴァイオリンとピアノを聴いた同じ場所でした。
クリスマスを間近に控え、
イエス・キリストの待降・降臨・受難・復活などをテーマに
讃美歌の曲を演奏してくださいました。

曲はもちろんですが
合間に話してくれたお話が面白かった。
降臨の時の天使たちの祝福の高音の旋律や
亡くなった後に復活するくだり。

復活の時に遺体が安置されていた洞窟の入口の岩が
ゴロゴロと崩れ落ちていく。
そこを表現した旋律が低音のテーマとなっていたり、など。

曲の背景の解説の途中に、こんな旋律でこんなことが表現されてますよ、というのが
とってもわかりやすかった。

バッハは短めの旋律を基本テーマにして
逆走させたり、反転させたり、などバリエーションの繰り返しが多いので
テーマを浮き彫りにさせてくれたおかげで
聴き方が少し変わったようにも思えました。


もっとゆっくり聴いていたかったけど
やはり子ども連れでは限界もあり中途で退散。
アンコールではドラえもん即興曲を演奏してくれたとか。
うーん、逃した!

しかし、講堂の檀上の背景はずらりとパイプがありましたが
あれは全てオルガンのパイプなのですか?
すごいなぁ




会場となった講堂の正面上の方にある言葉が掲げてあった。

「人恐不神畏」

右から左へ読んで
神を畏れ人を恐れず、かな? 
[PR]
by dignen | 2010-11-24 23:58 | 小国の暮らし

リース

c0057781_9594924.jpgリースを作りました。

土台は葡萄の蔓。
トチの実、松ぼっくり、アジサイなど


ある人が、リースは今の時期に
一年の感謝をこめて作るのよ、とおっしゃっておられて

その言葉を思い出しながら
作りました。
[PR]
by dignen | 2010-11-24 10:02 | 手仕事~雑貨&ミサンガ

作業場と手紡ぎ糸

c0057781_9163633.jpg作業場にかけたカーテンは
インド綿のパッチワークを施したもの。
薄手の2枚重ねなので
朝日を通すとこんな感じになって
ちょっときれい。





c0057781_916552.jpgやっと手紡ぎをすることができた。

思いついてから1週間も経ってしまっていたけど
やってみたら案外やめられない楽しさ。

ふわっとした質感と
それが指の中でしっかりとした糸になっていく感触。
色もいい。きもちが落ち着く作業だった。
[PR]
by dignen | 2010-11-24 09:21 | 手仕事~紡ぎと羊毛


山の古民家暮らしをつらつらと。


by dignen

プロフィールを見る
画像一覧

リンク集

【ストーブ☆リンク】

ストーブ屋ペレットマン
更新しました☆
うちの家業になりました。ペレットストーブの普及をしながら、小国の間伐材を使用した木質ペレットを作ってます☆めざせ、エネルギーの地産地消!


ペレットマン日記
むっちゃんのブログです。


ペレットストーブ屋BOSSの日記
by 北信州のBOSS






【田舎暮らし☆リンク】


けごや
小国在住つる細工作家さんのサイト。白炭についても詳しく載っています。


小国フォルケ
小国町大石沢にあるフリースクール。奥さんが葉花太のピアノの先生でもあります。


CONNECT小国
小国の黒沢峠で毎年開催されるCONNECTというイベントの公式ブログ。友人のメガネ屋さんが更新してます。山の美しさ、音との共鳴、最近は山歩きも。


草虫こよみ
暮らし、自然、食、縫い物、暦。


地給知足
いろんな自作発明で楽しそうに暮らしている様子がうかがえます。農的暮らしも楽しそう。





【てしごと☆リンク】



笑坐飯店
えみおわすはんてん

布や糸や染めや暮らしぶりについて。触感が伝わってくる画像に思わずうっとり。


布工房
染め、縫い、紡ぎについて


CIELO(シエロ)
大阪の染め糸屋Cieloさん


kao-handmadeのブログ
小国在住の布小物作家さん


編みむメモ
糸紡ぎ、染色、編みについての紫音さんのブログ。私から見るとセミプロのような繊細な作品しあがりにいつも憧れます。猫つながりでも♪


ODORADEKU
art yarn-spinning

羊の原毛から紡ぐart yarn。アートヤーンというものの存在にノックアウトされそうです。最高にテンションあがる糸がたくさん掲載されています。


のんびり まったり一緒にね♪
モチーフのフリー編み図公開中のイロハトネさんのブログ。オリジナルのカラフルモチーフを見るとわくわくしてきます。


お気楽 気ままな毎日
パイナップル編みのネットバッグを編んでくれたへるやさんのブログです。素敵な編み作品がたくさん掲載されています。




【その他☆リンク】


わくわくにっき
中1の姪っこユメの日記。


小国山岳ラッセルマン
小国在住の登山家さん。山登りはビギナー中のビギナーの自分ですが、プロの目から見るとこういう視点なのか、と目からウロコの興味深い内容です。でもね、もうしばらく更新してないみたい。いつかまた再開してほしいと願っているブログのひとつです。


山形庄内の海より
海中写真すてきです。身近な庄内の海の底にこんなワンダーランドがあるなんて!いつかもぐってみたいと思い続けてもう幾数年。


saitooa
10年以上も前、学生時代に作った私個人の趣味サイトです。当時育てていた植物についてばかりの内容。セントポーリアや多肉植物、サボテンについて南ミシシッピで育てていたころの記録です。その他の項目は未完成です。もうコンテンツの完成は夢のまた夢だね。ここにリンクしておかないと存在自体を忘れそうなので記します。


ブログジャンル

画像一覧